言語訓練のスペシャリスト|医療事務の仕事をしたいなら専門学校に通学しよう

医療事務の仕事をしたいなら専門学校に通学しよう

婦人

言語訓練のスペシャリスト

男性

時代に求められる資格です

言語聴覚士は、失語症や言語発達障害、聴覚障害、嚥下障害を持つ方の各機能の向上を目的とした訓練の指導を行います。言語機能は、生まれつきの障害をはじめ、脳梗塞などの病気や加齢で不自由になる事もあります。そんな言語・聴覚機能の発達やリハビリの支援をする仕事ですので、現在の超高齢化社会では言語聴覚士のニーズが高まっています。言語聴覚士の活躍の場は、病院など医療機関をはじめ、学校などの発達支援学級、老人介護施設や福祉施設など多岐に渡っています。支援を必要とする患者数に比べ、まだまだ言語聴覚士の数は少ないため、求人も多く人気が高まっています。職場となる医療機関などは、充実した育児休暇制度や託児所併設など、働く女性に優しい施設が多いため、結婚・出産後も長く続けられる仕事として注目されています。

専門教育が必要な資格

言語聴覚士になるためには、高校を卒業した後、3年か4年制の大学や短大または専修学校で所定の教育を受けるか、4年制大学を卒業後に2年間の大学や大学院の専攻科で学ぶか、専修学校で学ぶ必要があります。これらの養成校(大学や専修学校)を卒業すると、国家試験の受験資格が与えられます。その上で国家試験に合格する事で、厚生労働大臣の免許を受ける事が出来るのです。最短で資格取得するためには、高校卒業後に養成校に進学する必要がありますので、言語聴覚士を目指す方は早めに進路を決定すると良いでしょう。4年制大学で、言語聴覚士養成に関する一定の科目を習得していれば、1年制の指定学校で受験資格を得る事も出来ます。大学卒業後に資格取得を目指す場合には、ご自分の条件を確認すると良いでしょう。